墓地の選び方で重要なポイントとは?|墓石・お墓のことなら墓石価格見積もり君にお任せください!

墓石価格見積もり君|ロゴ
  • 24時間365日・日本全国対応中!0800-805-7693
  • 見積もりスタート!

最新情報・レポート

墓地の選び方で重要なポイントとは?

墓地の選び方で重要なポイントとは?

 

お墓を建てると決めたときは、墓石と墓石を置いておくための墓地の準備が必要ですが、墓石よりも墓地を先に準備する方が望ましいです。墓地によって墓石の形状やサイズに規定を設けている場合があり、墓石を先に決めてしまうと変更しなおさなければいけなくなります。また、墓地選びは墓石を作るうえでも注意しておきたいポイントです。

 

今回は、墓地を選ぶうえで知っておくべきポイントと墓地選びの流れをご紹介します。さらに、知らないとトラブルになるかもしれない「永代使用権」についてもご説明しますので、しっかりと知識を身につけましょう。

 

 

 

 

 

墓地選びの重要性

 

ぶ墓地によってさまざまな規定が設けられており、墓石購入時や墓石の継承におおきくかかわりますので、墓地選びは慎重におこなうべきです。

 

市町村が運営しているような公営墓地では業者指定がない場合がほとんどですが、民営や寺院で借りる墓地や霊園では、墓石を購入・加工するなどの過程を特定の業者に依頼するようにと指定している場合が多いので注意が必要です。

 

そのほかにも、墓地の環境や交通の便などを十分に考慮する必要があります。騒がしい場所だとお墓参りには向いていないですし、自宅から遠い場所にあってアクセスが容易でないからとなかなか墓地を訪れられないようでは、お墓参りや墓石のお手入れをおろそかにしてしまいます。

 

墓地は何世代にもわたって利用する可能性があるものです。墓地選びはさまざまな観点から比較・検討するようにしましょう。

 

 

 

 

墓地を決めるときに確認しておくポイント

 

墓地を決めるときに確認しておくポイント

 

どの墓地を借りるかを決めるとき、いくつか確認したいポイントがあります。墓地選びの基準が分からないという方は、ぜひ参考にしてみてください。墓地の候補をすでにいくつか挙げている方も、以下のポイントを確認して比較・検討してみましょう。

 

 

●アクセスがよいか

墓地選びでは立地がとても重要です。
どちらかというと田舎のような、山間部にあるような墓地の購入を考えている場合は、車でのアクセスが簡単か、自宅から遠すぎず、お参りなどで定期的に訪れることができる範囲内であるかを考えてみましょう。

 

都心部にある墓地なら、車のほかにバスや電車など公共交通機関でアクセスできるかを確認しましょう。都市のような大きな街では駐車場がない墓地があるかもしれません。どのような交通手段が有効なのかを事前にチェックしておく必要があると言えます。

 

●費用は適切か

墓地を購入する際にかかる費用は一般的に「永大使用料」と「管理費用」で構成されています。永代使用料はのちに詳しく触れますが、墓地を家族代々使用するための権利を得るために支払う料金です。管理費用は墓地を管理するのに必要な電気代や水道代などのための料金です。

 

安ければよいというわけではありませんが、費用が墓地の区画や質に見合っているか、適切な料金設定がなされているかという点に注目するとよいでしょう。

 

●墓地の経営や管理がしっかりなされているか

何世代にもわたって使用する墓地では、経営状況が傾いている状況はあまり望ましくありません。せっかく永代使用料を支払っているのですから、何年何十年かさきに経営困難で墓地がなくなってしまった、なんてことにならないように、慎重に判断する必要があります。

 

経営状態を明確に判断するのは簡単ではありませんが、墓地の施設管理が行き届いているか、空き具合はどうかなどといった点に注目すると経営状況が見えてくるかもしれません。

 

●規定に納得がいくか

日本全国にある墓地は、おおきく公営墓地と民営墓地に分けることができます。どちらにも利用規約は存在しますが、一般的に公営墓地に比べて民営墓地・霊園の方が規定や制限が多いようです。たとえば、お寺の墓地が檀家の宗教・宗旨を限定していたり、墓石を買うお店を指定したりするケースがあります。

 

契約内容の確認も重要です。契約内容は墓地によって異なりますので、永代使用権を含めた墓地利用に関する契約を結ぶまえに契約内容をしっかりと理解し、納得がいく状態で契約に踏み込むようにしましょう。

 

●環境が墓地に適切か

お墓参りの際には、お年寄りの方や小さな子供などさまざまな年代の方が訪れます。お墓にたどり着くまでに長い階段を登らなければならなかったり急な坂道があったりすると、訪問者の負担になってしまうことがあります。
また、日あたりがよく風通しの良い場所であるかも確認するとよいでしょう。墓地周辺が騒がしくてはお墓で落ち着いて故人と対峙することができません。墓地周辺が騒がしい土地柄でないかも確認しておくことをおすすめします。

 

 

 

墓地を選ぶまでの流れをご紹介

 

墓地を選ぶときにはさまざまなことを考慮して選ぶ必要があります。では、ご自身に適した墓地を選ぶにはどのような手順を踏めばよいのでしょうか?墓地選びから実際に契約するまでのステップをご紹介します。

 

 

① 墓地について知る

まずは墓地がどのようなものなのか知りましょう。墓地形態や墓地選びでどんな点に注目すべきかなど、美地についての一般的な知識を身につけておきます。

 

② 周辺の墓地を調べ、候補をしぼる

住んでいる地域やその周りの墓地を調べます。宗派や区画の広さ、建てることのできる墓石の種類、石材店、墓地の環境やアクセス方法など、できる限りの情報を集めましょう。複数の墓地の中から2つ3つにしぼり、家族や親戚の方と相談すると誰もが納得できる墓地を見つけることができます。

 

③ 下見・見学してみる

気になる墓地があれば、見学してみることをおすすめします。実際に墓地を訪れてその環境や交通状態、雰囲気を自分の目で確認することで、データや情報だけでは分からない部分を感じ取ることができます。

 

④ 墓地の購入を申し込む

候補の中から決めたら、墓地の利用規約を確認しましょう。墓地の運営側が提示する条件を満たし規定に納得できたら、契約を申し込みます。

 

⑤ 永代使用料と墓地管理費を払う

契約が決まるったら永代使用料と墓地管理費を支払います。このときにもらえる使用承諾証は、お墓を継承したり改葬したりするときに必要になります。大切に保管しておきましょう。

 

 

 

永代使用権の確認も重要

 

永代使用権の確認も重要

 

永代使用権とは、墓地を代々受け継ぐための権利のことです。この永代使用権に関しては、2つの点を注意しましょう。

 

1つめは、権利に対する金額についてです。永代使用権を得るためには、契約時に墓地・霊園側が提示する金額を支払わなければなりません。金額は墓地によってばらつきがあり、人気な墓地は価格を高く設定していることも少なくありません。契約用が予想以上に高かった!なんてことにならないよう、支払うべき料金を知ったうえで契約をするようにしましょう。

 

もう1つ大切なことは、権利について知っておく、ということです。永代使用権は子や孫に承継することができますが、基本的に家族でない第3者に譲ることはできません。また、契約違反などトラブルが起こると権利が取り消される可能性があり、そうなれば永代使用料を取り戻すことはできません。
契約時には永代使用権について深く理解し、トラブルがないようにしましょう。

 

 

 

まとめ

墓地を選ぶ際に注目すべきポイントと、墓地選びの流れ、そして墓地購入時に支払う永代使用権についてご紹介しました。

 

墓地は長く利用する者なので、未来のことも考えて、立地や環境、契約の条件などさまざまな面から総合的に判断・決定することが大切です。墓地選びのステップをひとつひとつ確認し、永代使用権など契約内容をきっちりと理解するなどして、納得いく墓地選びを実現させましょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介