自由になりつつあるお墓のデザイン|墓石・お墓のことなら墓石価格見積もり君にお任せください!

墓石価格見積もり君|ロゴ
  • 24時間365日・日本全国対応中!0800-805-7693
  • 見積もりスタート!

最新情報・レポート

自由になりつつあるお墓のデザイン

近年核家族化が進み、無縁仏などの問題も多くなり、お墓を持たないで納骨堂で済ませてしまうという人も多いのですが、故人を弔う気持ちを表現できる場所としてお墓が注目されています。日本での仏式のお墓の場合は四角く細長い墓石が立っているというものが一般的ですが、最近ではキリスト教式の墓のデザインの影響を受け、石の高さはあまり出さずお墓の面積を広くしたり、石の色も複数用意したりと、斬新なデザインが多く見られるようになりました。もちろんお墓に掘っている字も故人の名前だけではなく、メッセージや故人が好きだったもののイラストなどを掘り、中には花を飾ったりする場所を花好きの故人のために直接花が植えられる状態にしていることが出来るようにしているお墓もあります。

お墓がここまで変化した背景に弔いをする人々の心が変わったということが見られます。お墓参りというと一般的にお墓にお水をかけ、軽く掃除をしたりして、お線香を焚いて、「仏様になった故人にお参りをする」というものでしたが、現在では仏にお参りするのではなく、故人の思い出を振り返り、これからの家族の在り方を再確認できるようにするという意味でお墓の参りをしている人も多くなっています。そのため、お墓により多くの機能性を求める人も増えています。故人の気持ちと遺された人々の気持ちを大切にしたお墓が作れると良いものです。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介