寿陵とは|墓石・お墓のことなら墓石価格見積もり君にお任せください!

墓石価格見積もり君|ロゴ
  • 24時間365日・日本全国対応中!0800-805-7693
  • 見積もりスタート!

最新情報・レポート

寿陵とは

お墓を建てるタイミングは、その人が亡くなってからでなければいけないというわけではありません。生きているうちにお墓を建てることもあります。最近ではそういった方も増えてきており、こういったお墓のことを寿陵(じゅりょう)や生前墓と呼びます。墓地で見たことがある方もいるかと思いますが、お墓に朱色で名前や戒名が刻まれている物が寿陵です。これは、もともと寺院に於いて生前戒名を与えられた際に墓石に「朱」を入れていたのが由来と言われています。現在では戒名や名前に朱色を入れることで、生きていることを伝えるといった意味合いもあるようです。そして、寿陵の由来は、中国にあります。中国では古くから、生前にお墓を建てることが長寿につながる縁起のいいこととされてきました。古書などにも「寿蔵」「寿穴」「寿堂」と書かれており、秦の始皇帝を始めとした歴代の皇帝は寿陵を建てていたそうです。最近では、長寿を願うためだけではなく、子供に負担をかけたくないと考える方が増えており、自分の気に入る石や場所、デザインを選べるという点から、寿陵を建てる方もいるようです。また、寿陵を建てることは、いざという時の安心につながります。身内がなくなった際にすぐにお墓を建てたくても、立地環境や交通の便など、考えることが多く、時間がかかるものなのです。実際に建てるとなると、石材の加工や工事期間を加味しても最低で1ヶ月以上かかるでしょう。しかし、寿陵を建てておくことで、そういった心配もなくなり、家族への負担も減らすことが出来るのです。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介