宗派や地域によるお墓の違い|墓石・お墓のことなら墓石価格見積もり君にお任せください!

墓石価格見積もり君|ロゴ
  • 24時間365日・日本全国対応中!0800-805-7693
  • 見積もりスタート!

最新情報・レポート

宗派や地域によるお墓の違い

日本のお墓は、西洋のお墓と違って体は火葬をしたあと、骨だけを骨壷に入れてお墓の中に収める方式です。明治時代のころからこの様な形式になったと言われていますが、実はどこを見ても同じように見えるお墓でも、少しずつ違いがある場合があります。
まず、お墓の石の形状が、宗派によって異なる場合があります。日本では仏教と神道が多く進行されていますが、お墓に最初に入った方の宗派により、お墓の形状が決まる場合があります。また、キリスト教を進行している方の場合、土葬というわけには行かないのですが、洋風墓石を使うことで、故人の意向に沿うことも出来るでしょう。
また、地域によって形状が異なる場合があります。よく言われるのは、西日本のお墓と東日本のお墓の違いですが、これは骨壷に故人のお骨をすべて入れるか、それとも一部分だけを入れるかによる違いで、納骨室(カロート)の大きさが違うため、お墓のデザインにも違いが出てきます。
また、それらに縛られない自由な形状の墓石も近年では増えつつあります。楽器が好きだった人が、楽器の形状のお墓に入ったり、自分の好きな言葉、座右の銘を刻んだ墓石にしたりということもあるようです。
それらによってお墓の値段は変わる場合がありますので、一度当サイトから一括見積をしておいてはいかがでしょうか?

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介