墓石の歴史 |墓石・お墓のことなら墓石価格見積もり君にお任せください!

墓石価格見積もり君|ロゴ
  • 24時間365日・日本全国対応中!0800-805-7693
  • 見積もりスタート!

最新情報・レポート

墓石の歴史 

墓石には亡くなった方やご先祖様への感謝や供養の意味が込められています。そんな墓石の歴史を考えたことはあるでしょうか?
日本の墓石は平安時代に仏教の伝来に伴い石工の技術も渡来人によってもたらされ、供養塔、宝篋印塔、宝塔、多宝塔、層塔などが支配階級の間で出現し、その後鎌倉~室町時代にかけて禅宗の到来とともに位牌と戒名が中国から伝わりその影響から現在の墓石に近い角柱のものが作られるようになりました。
江戸時代になると檀家制度が確立し、先祖に対する供養や葬式、墓などの仏事が定着したことで庶民も墓石を建設するようになりました。
墓石に家紋を入れるようになったのはそのころからといわれています。
墓石はもともとは個人や夫婦のためのものでしたが、明治中期以降は家制度により、家単位で建立されるようになりました。そのため個人の名前(法名)を掘っていたものから、〇〇家之墓という現在の形に変わってきたようです。
第二次世界大戦後から霊園の洋型の墓石が登場し、現在は墓石のデザインは多様化しています。
墓石を検討される際、このような歴史や意味を考えてみることで墓石の大切さを改めて知れるのではないでしょうか。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介