お墓の色は何色がいいの?|墓石・お墓のことなら墓石価格見積もり君にお任せください!

墓石価格見積もり君|ロゴ
  • 24時間365日・日本全国対応中!0800-805-7693
  • 見積もりスタート!

最新情報・レポート

お墓の色は何色がいいの?

墓石の色の好みは地域によって異なります。一般的には、おのおのの地元で産出される石材の色の関係で、黒御影石は東日本、白御影石は西日本で好まれたという背景もあります。また、墓石の色による価格の違いとしては、白系の墓石は硬度が低く軽いため、加工や施工がしやすい分、料金が安く済みますが、黒系の御影石は硬度が高く重いため、加工や施工に時間がかかり、一つあたりの料金は高くなります。

日本全体の色ランキングとしては、グレーが一般的で最も多いとされていますが、石材は豊富な種類があり、さまざまに組み合わせることが可能です。例えば御影石の場合、国産や外国産を合わせて何種類もあり、大まかな色の違いとしては、白系、黒系、グレー系の他に、青系、緑系、赤系など、墓石の色をデザインから決める方も増えており、自由かつ色々なカラーコーディネートを楽しむことができます。

かつては「赤系の墓石は血や炎を連想させるためよくない」や、「黒系の墓石は熱がこもりやすく安らかに眠ることができないため良くない」と伝えられた地域もありました。ただ、黒色の石に関しては、黒色の石が東日本で産出されるものの、東日本では産出されなかったということが形を変えて、「黒色系のお墓がよくない」という認識が生まれたようです。

このように、現在の流通の発達した今日では、地域格差もなくなりつつあり、あくまでも好みで使い分けられています。よって宗教的に見ても地域別な「この色がいい」といった色はあるかもしれませんが、基本的には墓碑の色に吉凶は関係ありません。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介